「長周期地震動対策と免震設計」に関する今年度初のセミナーを開催「長周期地震動対策と免震設計」に関する今年度初のセミナーを開催「長周期地震動対策と免震設計」に関する今年度初のセミナーを開催

2017/04/20

4月20日、 本会理事長の馮德民博士が講師となり、国土交通省が発表した「長周期地震動対策」に関し、
構造設計における長周期地震動の考え方と超高層、免震構造の設計 実務での注意点と指針について紹介した。

具体的には、地震の発生メカニズム、長周期地震動に関する基礎知識、
国土交通省が発表した「長周期地震動対策」の 背景、建研「建築研究資料170号」が行っていた免震部材の実験と
実設計における活用方法等についてレクチャーを行った。

本会会員を中心に12名が出席した。
4月20日、 本会理事長の馮德民博士が講師となり、国土交通省が発表した「長周期地震動対策」に関し、
構造設計における長周期地震動の考え方と超高層、免震構造の設計 実務での注意点と指針について紹介した。

具体的には、地震の発生メカニズム、長周期地震動に関する基礎知識、
国土交通省が発表した「長周期地震動対策」の 背景、建研「建築研究資料170号」が行っていた免震部材の実験と
実設計における活用方法等についてレクチャーを行った。

本会会員を中心に12名が出席した。
4月20日、 本会理事長の馮德民博士が講師となり、国土交通省が発表した「長周期地震動対策」に関し、
構造設計における長周期地震動の考え方と超高層、免震構造の設計 実務での注意点と指針について紹介した。

具体的には、地震の発生メカニズム、長周期地震動に関する基礎知識、
国土交通省が発表した「長周期地震動対策」の 背景、建研「建築研究資料170号」が行っていた免震部材の実験と
実設計における活用方法等についてレクチャーを行った。

本会会員を中心に12名が出席した。

New Event!

New Event!

New Event!